社協とは

1. 社協とは

社会福祉協議会は、全国の都道府県や市町村に設置された地域の住民が主体となった会員制の民間団体です。

宜野湾市社会福祉協議会定款
計算書類
役員名簿
評議員名簿
役員・各種委員会等の報酬等に関する規程

2. 社協の役割

社会福祉に係わる問題点をみんなで考え、解決していくために行政とのパイプ役となり、また、住民やボランティアあるいは当事者の参加のもとに、社会福祉の関係者はもちろんのこと、保健・医療・教育など関係分野の専門家の参加を得て、様々な分野で幅広い福祉活動に取り組み、住み良いまちづくりを進めている民間の自主的な組織です。

3. 社協の財源

運営は、(1)県や市町村の補助金(受託金)、(2)地域の皆様からいただく社協会費、(3)赤い羽根共同募金配分金、(4)寄付金によってまかなわれています。

●社協会費の会費額(年額)は、次の通りとなっています。

1.戸別会員 一世帯当たり年額 500円
 (市内の各世帯)
2.賛助会員 一口当たり年額 500円
 (民生児童委員、行政職員、福祉関係者等)
3.団体会員 一団体当たり年額 5,000円
 (社会福祉関係機関、団体、施設等)
4.特別会員 一口当たり年額 5,000円
 (個人、企業等)

赤い羽根共同募金は、毎年10月1日~12月31日の3ヶ月間実施されます。
寄せられた募金は、沖縄県共同募金会へ配分でまとめられ、翌年の事業費として配分されます。(募金の配分は、A配分として県内の民間福祉施設や団体が行う福祉事業に、B配分として社会福祉協議会へ配分されます。)
募金の種別は、戸別募金、職域募金、大口募金、街頭募金学童募金、興行募金があり、子どもから大人まで市民ひとりひとりが募金運動に参加できるようになっています。

4. 設立年月日

昭和47年4月20日に設立されました。
【組織図】