ボランティアについて

宜野湾市ボランティアセンターへようこそ

宜野湾市社会福祉協議会の中にボランティアセンターが設置されています。ボランティアセンターでは宜野湾市のボランティア活動のお手伝いをしています。

ボランティアセンターの役割

・ボランティアの派遣・登録の相談・コーディネート

ボランティア活動をしたい人、ボランティアを受けたい人(利用者)の相談にのります。
また、ボランティア登録や活動の紹介も行っています。

・ボランティア養成講座の開催

ボランティアに関する講座の開催
(ボランティア講座、手話・点訳養成講座など)

・ボランティア団体(サークル)の援助

vln_01
ボランティア団体の育成、活動への助成

・福祉教育の推進

ボランティア活動協力校の指定
総合学習の支援(職員派遣、講師派遣、機材貸出)
体験学習の実施(はごろもサマーキャンプ等)

・ボランティア活動保険への加入促進

活動先での事故(ボランティア・利用者)が発生した場合の万が一の備えとして保険加入を義務づけています

・広報・情報提供

月1回程度、登録ボランティアに情報誌の発行
市内各機関、学校にボランティア情報パネルを設置

ボランティアってなぁに?

vln_02ボランティアと聞くとあなたはどんなことが思い出されますか?「特別な活動」「自分とは違う人がする活動」と思っていませんか?
ボランティアとは、あなたが人や生き物や地球のために役立つことをする、報酬(お金や物をもらうこと)を目的としない行為のことです。私たちの住んでいるところには、いろんな人が生活しています。ボランティア活動は、お年寄りも障がい者も子どももみんな一緒に、地域の中で元気に、楽しく、幸せに暮らしていくために、自分たちそれぞれが、出来ることで「いつでも、どこでも、誰でも、楽しく参加できる活動」なのです。

~ボランティアの語源~

ラテン語で「意志」を意味するvolo、「自由意思・自らすすんでやる」を意味するvoluntasが語源であると言われています。その言葉が派生し、英語でボランティア(volunteer)と言われるようになりました。
英語の動詞では「自発的に申し出る」という意味で訳されています。
ボランティアは強制されてするものではなく、自分からすすんでやることを指します。
ボランティア活動をする第一歩は、「やりたい!」と自ら思った時です!!

トップへ

ボランティアの心がまえ

ボランティアを始めるときに大切なこと・・・

・身の回りから始めましょう

ボランティア活動は、身の回りにもたくさんあります。高齢者・身体の不自由な人に席をゆずったり、散歩のついでにゴミを拾ったりというのも立派なボランティアです。

・最初のあいさつが大切です

ボランティア活動を行う際に、まず一番最初のあいさつが大切です。お互い気持ちよく活動にはいれます。

・秘密・約束を守りましょう

ボランティア活動を通して、いろいろな人の悩みや問題の相談を受けることも多くあります。しかし個人の秘密に関することは決して他の人に話してはいけません。秘密を守ることは、信頼関係をきづくためにとても大切です。
また、ボランティア活動は、自ら進んで行うものですが、約束を破って休んだり、投げ出してしまっては、相手との信頼関係がきずけず活動の本当の楽しさや充実感を得ることが出来ません。

・相手の立場に立ちましょう

ボランティア活動には相手がいます。善意が押し付けにならないよう、相手の立場になって物事を考え行動しましょう。

・学習しましょう

ボランティア活動を続けていると、いろいろな問題にぶつかります。活動の反省をし、評価を行い、次の活動がより効果的に行われるように、学習していかなくてはならないでしょう。知識、技術を高めることで活動に広がりが生まれます。

・まわりの理解と協力を得ておきましょう

ボランティア活動は、短期間で成果が表れてくるものではなく、長く続けて行うことに本当の意義があり成果も表れてきます。無理なスケジュールでボランティア活動を行うことは、活動を続けることを困難にさせます。無理のない活動を心がけましょう。

トップへ

ボランティア活動の内容

宜野湾市で募集している内容をおおまかに載せました。興味のある方は是非お電話を!!

・お年寄りに関わるボランティア

vln_03

  • 友愛訪問
  • 通院、外出時の付き添い散歩介助、家事手伝い
  • 話し相手
  • 清掃、買物
  • 施設でのボランティアなど

・児童に関わるボランティア

vln_04

  • 遊び相手
  • 保育・育児ボランティア
  • 学校での学習支援
  • ゲーム、レクレーション指導

・障がい者(児)に関わるボランティア

vln_05

  • 手話通訳
  • 音訳
  • 点訳
  • 代筆
  • 身辺介助
  • 車いすの介助
  • 買物・通院付添い、送迎
  • 学習支援
  • 障がい児ヘルパー
  • 障がい児学童保育

・その他のボランティア

vln_06

  • 行事(イベント)協力
  • 収集ボランティア(使用済み切手、テレカ等)
  • レクレーション指導
  • 清掃活動
  • 運転ボランティア
  • 社協行事への協力
  • 地域自治会での福祉活動への協力など

トップへ

ボランティア活動保険

ボランティア活動中の様々な事故によるボランティア活動者の障害や賠償責任などについて補償する保険です。安心して活動できるように、活動を始める際には必ず加入をお願いします。

ボランティア活動保険の内容

◇加入できる方

ボランティア活動を行う人

◇補償内容
  • ボランティア活動中の様々な事故によるケガや賠償責任を補償します
  • 活動には活動のための学習会や会議等も含みます
  • 活動場所と自宅との往復途上の事故も補償の対象となります
◇補償金額(保険金額)
保険金の種類↓ プラン→ Aプラン Bプラン
ケガの補償 死亡保険金 1,320万円 1,800万円
後遺障害保険金 1,320万円(限度額) 1,800万円(限度額)
入院保険金日額 6,500円 10,000円
手術保険金 入院中の手術 65,000円 100,000円
外来の手術 32,500円 50,000円
通院保険金日額 4,000円 6,000円
賠償責任の補償 賠償責任保険金(対人・対物共通) 5億円(限度額) 5億円(限度額)
◇保険料
タイプ↓ プラン→ Aプラン Bプラン
基本タイプ 350円 510円
天災タイプ(基本タイプ+地震・噴火・津波) 500円 710円

◆天災タイプでは、天災(地震・噴火・津波)に起因する被保険者自身のケガを補償しますが、賠償責任の補償については、天災に起因する場合は対象になりません。
◆補償期間の中途で加入される場合も上記の保険料となります。なお、中途脱退による保険料の返れいはありません。
◆中途でボランティアの入替や、ご加入プラン・タイプの変更はできません。
◆ご加入は、お1人につきいずれか1口となります。
◆複数口加入の場合でも補償は1口となります。
加入申込人は2口以上加入される被保険者がいないことを確認の上、お申込みください。

◇補償期間

毎年4月1日~翌年3月31日
※中途加入の場合はその加入手続き完了日の翌日から翌年3月31日までとなります。

◇加入方法

社協で手続きを行います

ボランティアに関する相談は・・・

vln_08宜野湾市社会福祉協議会
住所:宜野湾市赤道2-7-1
TEL:892-6525  FAX:892-0843
E-mail:ginowan-vol@ginowanshakyo.or.jp